カメラのラバー剥がれ簡単補修!




アイコスの「修理」に役立つ情報をYoutubeから収集して紹介しています。

毎日1本以上の動画をアップしていきますので、ぜひご覧ください。

動画の元ページはこちらから




☆投稿者:チャンネルルルマヤ

☆公開日:2017-07-18 03:40:55

☆視聴時間:1:11

☆視聴回数:817



カメラのグリップ部などにラバー性などの素材が貼付けられてますが経年劣化により接着剤の粘着力が無くなり剥がれてくる事があります。
メーカーへ出せば3000円くらいで交換してくれますが修理期間もかかるのと使いたい時に発見してしまうので簡単に補修する方法です。
長年写真屋を営んでいて、お客様のカメラを応急的・簡単に補修していた方法がコレ!
接着剤がはみ出てる時は無水エタノールで拭き取ります。
薄めてあるアルコールや燃料用アルコールは揮発性が遅く、中の基盤まで入り込んでしまうので無水を使います。
ゴシゴシこするとプラスチックやラバー表面が溶けてしまうので軽く付けて接着剤を取り除く。
次にマスキングテープを境目を隠すように貼るだけ!
ブラックボディーなら真っ黒のマスキングが目立たないですがあえてわかりよい為にブルーにしました。
マスキングテープなので剥がれて来たら簡単に張り替えられるのでおすすめです。
またグリップ部表面が劣化してベタベタしているのもマスキングテープで覆えば使えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする