なぜ「アイコス」が2つの新モデルを出したのか(石田雅彦) – Yahoo! ニュース




アイコスの「故障」に関連する情報をYoutubeから収集して紹介しています。

毎日1本以上の動画をアップしていきますので、ぜひご覧ください。

動画の元ページはこちらから




☆投稿者:Phillipp Klein

☆公開日:2018-11-01 13:20:39

☆視聴時間:16:50

☆視聴回数:10975



なぜ「アイコス」が2つの新モデルを出したのか(石田雅彦) – Yahoo! ニュース
————————-
加熱式タバコのアイコス(IQOS)を製造販売しているフィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)と同日本法人フィリップ・モリス・ジャパン(PMJ)が、新モデル2機種を市場へ投入する。既存モデルもこれまで通り販売を続けるとのことだが、アイコスに新モデルが加わった理由はどこにあるのだろうか。 低価格帯を用意した理由 2018年10月1日からタバコ税が上がった結果、タバコ価格も軒並み値上がりした。加熱式タバコも例外ではない。  アイコスのヒートスティック(20本入り)が40円上がって500円へ、日本たばこ産業(JT)のプルーム・テック(Ploom TECH)のたばこカプセル(専用カートリッジ1本と5本入り)が30円上がって490円へ、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)のグロー(glo)のネオスティック(20本入り)が40円上がって460円となった。  PMJはアイコスをより広く拡販するためか、価格を下げたヒーツ(HEETS)というヒートスティックを地域限定(北海道・中国四国・九州、販売県によって銘柄に違いがある)で販売し始めている。こちらは1箱(20本入り)470円となり、値上げしたマールボロ・ヒートスティックより30円安い。  アイコスが日本の名古屋とイタリアのミラノで先行販売された2014年11月には、ヒートスティックはどちらもマールボロ・ブランドを使用していた。その後、イタリアのヒートスティックはヒーツ・ブランドに切り替わったが、PMJのスタッフによれば、他の欧州各国での展開をヒーツ・ブランドにしているからという。  それ以来、PMIが米国のFDA(食品医薬品局)へアイコスをマールボロ・ブランドで申請した事例を除き、アイコスでマールボロ・ブランドのヒートスティックを展開してきたのは日本だけだ。だが今回、タバコ増税の機会にヒート・ブランドを、ヒートスティックの廉価版として日本へ投入し、アイコスで使用できるブランドを2つに増やした。  タバコの値段が上がると、タバコを止められない喫煙者は安いタバコへ切り替える傾向がある。日本でも2010年のタバコ増税以降、わかばやエコーといった、それまで売り上げ上位に入っていなかった安いタバコがトップ20に入ってきた。  加熱式タバコの市場でも同じような切り替えが起きることが予想されるが、価格差を付けたラインナップは紙巻き…
————————-
Subscribe US Now: https://www.youtube.com/channel/UCUw7_I-w_VPkn4ugdKqllzg?sub_confirmation=1
————————-
Videos can use content-based copyright law contains reasonable use Fair Use (https://www.youtube.com/yt/copyright/)
Very excited to partner with other electronic newspaper pages.
Please send me an email: nanceypal71146@gmail.com
————————-
Thanks For Watching !
————————-
New model of Toyota Crown: https://www.youtube.com/watch?v=oyI66rjTFoc
Subscribe Now: https://www.youtube.com/channel/UCeeGK-wh-Pvp3BXHTvdQy9w?sub_confirmation=1